末重製茶のこと

大正12年創業
末重製茶のお茶作りへの思い

大正12年の創業以来、末重製茶は茶作りを栽培から製造まで自園・自製で行っております。
末重製茶の茶畑は、霧島山麓のすそ野に広がり標高270メートルに位置するため、寒暖の差で霧が発生しやすいというお茶の栽培に適した条件に恵まれています。
新芽の一心三葉を中心に摘採して製造し、お茶の旨味と香りを残しつつ、鮮緑な色彩で優れた細よれのお茶の製造に努めています。また、丁寧な再生加工で香味豊かな、旨みと香りの優れたお茶に仕上げております。
環境にやさしい施肥設計をし、香気・滋味に優れた茶の生産に取り組み、製茶工場の隣の小売店では販売、発送を行っております。
また、永年にわたり出品茶つくりに携わり、平成19年の第61回全国茶品評会で農林水産大臣賞を受賞するなど、地域の生産者の皆様と切磋琢磨しながら上位入賞を目指し日々研究に励んでおり、霧島茶「日本一」に貢献しています。これからも、「霧島茶」を多くの方に知って頂き、ご愛飲いただけるよう、お茶作りに励んでまいります。

霧島山麓に広がる
末重製茶のお茶畑

姶良地区の「茶生産技術指針」に基づいて施肥設計を行なっています。毎年10圃場の土壌分析を実施して、樹勢や肥料成分の残存状況を把握しながら肥料設計を組み、有機質を中心にした施肥を行っております。2015年3月にJGAP、2019年3月にASIAGAPを取得し食の安心・安全に努め、信頼される生産管理を行なっています。
防除については、圃場観察を定期的に行い適期防除に努め、周辺圃場の状況を確認してドリフトに注意し散布しています。毎年、外部に委託し残留農薬検査を行い、適合判定を頂いております。

品評会のお茶作りについて

これまで、弊社も県内外の品評会に出品するなど同業者と切磋琢磨しながら永年にわたり出品茶作りに携わってきました。
お陰様で、弊社では、本年度「全国茶商工業組合連合会理事賞」を受賞することができました。また、平成29年、30年、令和1年と霧島市が3年連続「産地賞」の日本一に輝いております。これからも上位入賞を目指し日々研究に励んで参ります。

受賞歴

全国

令和1年
第73回全国茶品評会 全国茶商工業組合連合会理事賞
平成30年
第72回全国茶品評会 日本茶業中央会会長賞
平成29年
第71回全国茶品評会 農林水産省生産局長賞
平成28年
第70回全国茶品評会 二等
平成26年
第68回全国茶品評会 日本茶業中央会会長賞
平成25年
第67回全国茶品評会 三等
平成24年
第66回全国茶品評会 三等
平成23年
第65回全国茶品評会 二等
平成21年
第63回全国茶品評会 三等
平成20年
I第62回全国茶品評会 三等
平成19年
第61回全国茶品評会 農林水産大臣賞
平成17年
第59回全国茶品評会 三等
平成15年
第35回九州茶品評会 一等
平成14年
第56回全国茶品評会 全国茶商工業組合連合会理事賞
平成13年
第34回九州茶品評会 二等

県内

平成24年
鹿児島県茶品評会 三等賞
平成17年
鹿児島県知事賞